年収1000万円以上の男性とネットで結婚する!


上記のような、年収1000万円以上の男性との出会い~交際~結婚が現実に!
IT社会の現代、インターネットを使えば様々な可能性が広げられます!
少し前までは考えられなかったような出会いが、インターネットを使えば可能になるのです!
年収1000万円以上の男性との結婚を、インターネットを使って実現しませんか?
申し遅れました。私はお医者さんとの結婚に特化した結婚情報サービス「セレブメーカーズ.com」を運営している代表の川島義幸と申します。私は2005年にセレブメーカーズ.comを設立し、13年間で600人のお医者さんの奥さんの成婚をサポートしてきました。その中にはインターネットを介してゼロからお医者さんと知り合い、交際から結婚に至った人が大勢います。そして同時並行して年収1000万円以上の男性とインターネットで出会い、交際し結婚したお客さんも200人を越えました。
インターネットを上手に活用すれば年収年収1000万円以上の男性と出会い、結婚する事が可能なのです。
ここではそうしたインターネットを活用した,年収1000万円以上の男性との結婚についての情報をご紹介します。
日常的には出会う機会などない年収1000万円以上の男性と、簡単に知り合う事が出来るチャンス!
これは見逃せないと思いませんか?ぜひ最後までお付き合いください。



結婚様態の変遷

日本の結婚様態は、太平洋戦争以後大きく変わってきました。それまではお見合いが主流を占めていましたが、1960年代以降の高度経済成長期から社内恋愛の割合が増えて2000年代まで続きます。総務省の統計によれば1950年代には80%以上を占めていたお見合いは、1970年代には30%台まで落ち込み、1990年代には6%程度まで激減しています。
1960年代以降約30年間は、結婚のために男女が出会うきっかけは社内恋愛が幅をきかせていたわけです。
しかし1990年代後半から携帯電話の普及やIT、特にインターネットの浸透によって「結婚相談所」・「お見合いパーティ」・「インターネット婚活サイト」・「出会い系サイト」など恋愛や結婚を目的とした男女の出会いサービスが一気に広がりました。
まだまだ一般的になったとは言い難い面もありますが、わずか20年前までは想像もできなかったような結婚の様態が広がりつつあるのが現在です。女性の社会進出等複合的な要因で女性が忙しくなってきた事や、少子化の影響で核家族化が極端に進み、個人主義が発達した事で上記のサービスはますます普及する様相を見せているのが現在です。



IT・インターネットの普及

2000年以降の結婚様態の変化を決定的に変化させたのは、パソコンやスマホ・携帯電話などのIT機器、そしてインターネットの普及です。1980年代後半に登場したパソコンや携帯電話は、しばらくは極少数のユーザーしか利用していませんでしたが1990年代後半に入ると爆発的にユーザーが拡大します。それに伴ってインターネットも急拡大。さらに2010年代に入ると携帯電話に代わってスマートフォン(スマホ)が登場し、瞬く間に携帯電話にとって代わりました。また時期を同じくしてタブレット型PCも登場し、モバイル(移動通信)環境でのインターネット利用が劇的に拡大充実してきています。仕事でもプライベートでも、スマホ等のモバイルツール(移動情報通信機器)やインターネットは欠かせない存在になっているのは、皆さんも実感されているでしょう。そして男女の出会いや結婚においても、モバイルツールやインターネットの重要性は大きく高まってきました。
「結婚相談所」・「お見合いパーティ」・「インターネット婚活サイト」・「出会い系サイト」といった恋愛や結婚のためのサービスは、専用Webサイト(ホームページ)が無くしては成り立たなくなっています。またそれらのサービスは、パソコンよりもモバイルツールからの利用が圧倒的に増えています。



サービスの多様化

前述の通り現在、恋愛・結婚のための男女が出会うきかっけとして様々なサービスが存在しています。

「結婚相談所」・・・会員制で比較的高額の費用が必要。異性の情報を紹介してもらえる。大半が相談員・クンセラーを置いており結婚のための相談支援を受けられる。また会員期間が1年と制限がある。
例:「オーネット」「ツヴァイ」「サンマリエ」「誠心」

「お見合いパーティ」・・・参加は自由。参加費を払って参加する。定期・不定期で開かれる。相談員は存在せずサポートなどもほとんど無い。
例: 「エクシオ」「PARTY☆PARTY」「シャン・クレール」

「インターネット婚活サイト」・・・インターネット上に存在する。結婚を標榜している。低料金。自分で個人情報をアピールして異性を探す。サポートは無い。会員は比較的多い。
例:「ヤフーパートナー」「エキサイト恋愛結婚」「ブライダルネット」

「婚活アプリ」・・・いま流行のSNS「Facebook」等で使える会員制のアプリで、結婚を標榜している。自分で個人情報をアピールして異性を探す。会員数が膨大。
例:「Omiai(オミアイ)」「Pairs(ペアーズ)」「Youbride(ユーブライド)」「ゼクシイ婚活」

「出会い系サイト」・・・インターネット上の存在し、結婚を標榜していない。
例:「マッチドットコム」「YYC」「ラブメール」

それぞれのサービスは上記のような特徴があり、使い方次第では大きな可能性をもたらしてくれます。実際私のお客さんでこれまで成功した人の相当部分が、上記のようなサービスを使って出会いを実現し結婚に至りました。目的によって参加が制限されるサービスもありますが、IT全盛時代における男女の出会いとしては非常に有用であると断言します。
私はセレブメーカーズ.comという医師との結婚に特化した結婚情報提供サービスを行っていますが、そこでは600人以上の医師夫人が誕生しました。約半分は「お見合い」や「友人・知人の紹介」がきっかけですが、残りは上記のサービスを活用し全くのゼロから医師と出会い交際に繋げ結婚しました。20年前までは考えられなかった事態です。また前述の通り200人以上がこれらのサービスを利用して年収1000万円以上の男性と出会い結婚しました(数字は2018年6月末現在)



アメリカの「婚活」事情

しかし日本ではインターネットを介した男女の出会いからの結婚は、まだ一般的になったとは言えません。ですが将来的には相当増加する事が予測されます。
ここでIT・インターネットの先進国アメリカのケースを見てみます。
アメリカでは「お見合い」はほとんどなく、自由恋愛から結婚に至るのが普通です。
そしてそのきっかけとして地域や学校・職場等様々な階層において頻繁にパーティが行われ、そこで男女が出会って恋愛に至るというケースが主流でした。ところが1990年以降、パソコンやインターネットの普及で状況が激変。インターネット上に存在する「マッチングサイト」と呼ばれる出会いのサービス、あるいは「Facebook」に代表されるSNSで男女が出会い結婚するケースが急増しているんですね。私がインターネットでのビジネスに関わり始めた2005年頃は、アメリカの結婚カップルのうちインターネットで出会ったのは10組に1組(それでも凄いですが)程度でした。それが2013年の統計では5組に1組まで増えているのです。いかにアメリカではインターネットを介した出会いが増えているか実感できます。つまりアメリカの「婚活」はインターネット上にある「マッチングサイト」やSNSで出会いが、ほぼ一般化していると言っても過言ではなくなってきているんですね。アメリカの流行や文化は3~5年で日本にもやってくると言われます。そして事実インターネット上のサービスも急拡大しており、近い将来インターネットで男女が出会い結婚する傾向がますます顕著になってくるのではないでしょうか。



モバイルツールの浸透

インターネットの普及とともに、見逃してはならないのがモバイルツール(移動情報通信機器)の浸透です。総務省のデータによると平成元年(1989年)携帯電話の普及は人口の僅か0.3%以下でした。それが平成27年(2015年)には何と101.7%、つまり1人1台以上のモバイルツールを所有しているという結果が出るほど浸透してきました。
中でも2010年以降のスマートフォン(スマホ)の増加率は驚くべきものがあります。
同じく総務省の統計では平成21年(2010)スマホの世帯普及率は4.2%でした。ところが僅か5年後の平成27年(2015年)の世帯普及率は73.1%に急上昇。ご存じの通りスマホは携帯電話よりもインターネットとの親和性が高いのが特徴です。また何よりディスプレイ画面が大きく見やすいためよりインターネットに親しみ易く、スタイリッシュなデザインも好評です。携帯電話の場合、使用目的は通話と電子メールが主だったものでしたが、スマホの利用目的はインターネットでの情報閲覧収集・ゲーム・アプリなどその用途が拡大してきました。「結婚相談所」・「お見合いパーティ」・「インターネット婚活サイト」・「出会い系サイト」は競ってスマホでの活用に重点を置いたサービスを拡充。
こうした動きがインターネットを介した男女の出会い・交際・結婚の可能性を大きく広げている事は間違いありません。皆さんもやろうと思えば今からでもスマホとインターネットを使って素敵な出会いを実現させられる!それが現代なんですよ!



希少な年収1000万円以上の男性にアプローチ!

皆さんは普段、年収1000万円以上の独身男性とコンタクトする機会はそうは無いはずです。
年収1000万円以上の独身男性はどのくらいいるのでしょうか?公的データでリサーチしてみました。

1000万円以上の給与所得者(雇用され給与を得ているサラリーマン)を見て見ると、

年間1000万円以上の給与所得者は208万2000人
・1000~1500万円 3.1%(151万9千人)
・1500~2000万円 0.7%(33万6千人)
・2000~2500万円 0.2%(10万7千人)
・2500万円~    0.2%(12万人)
※給与所得者数4869万人・国税庁・民間給与実態統計調査
このうち男性の割合は189万1007人となっています。この数字に総務省が公表している未婚率26%をかけると

年収1000万円以上の給与所得男性189万人×未婚率26%=独身男性数49万人

また弁護士や会計士などの自営業や会社社長で年収1000万円以上の人は89万人。
男性はこのうち71万人。

年収1000万円以上の自営業・会社社長71万人×未婚率26%=独身男性数19万人。

年収1000万円以上の独身男性の数は、49万人+19万人=68万人!

ざっくりした計算ですが年収1000万円以上の独身男性は68万人いる計算になります。
この71万人が、皆さんの婚活対象となるわけです。
ちなみに2017年の15~64 歳(生産年齢人口に当たる年齢)の労働力人口は、男性が3289万人となっています。1000万円以上の独身男性人口の割合は

年収1000万円上の独身男性89万人÷男性労働人口3289万人=2%

これもざっくりした計算ですが、年収1000万円以上の独身男性は15歳以上の男性の2%しかいない計算です。いかに年収1000万円上の独身男性が希少か、お判りいただけるかと思います。
インターネットサービスを活用すれば、これら希少な年収1000万円以上の独身男性にアクセスできアピールすることで相手を惹きつけ交際から結婚に至る事が可能なのです。



ネットで年収1000万円以上の男性と結婚するメリット・デメリット


ではここから、年収1000万円以上の男性とのネット婚活を行う際のメリット・デメリットに関して考えてみましょう。なお前述のサービスのうち、「結婚相談所」・「お見合いパーティ」は現実に登録手続きや参加のために足を運ぶ必要があり純粋にインターネット上だけでの活動はできません。従ってこれらは除外し、「インターネット婚活サイト」・「出会い系サイト」そして最近伸長しているSNSを利用した「婚活アプリ」について触れます。
またインターネット上で結婚のための模索を行う事を便宜上「ネット婚活」と呼びます。


年収1000万円以上の男性との「ネット婚活」のメリット

そこで「ネット婚活」のメリットから考えてみたいと思います。IT時代を代表するスマホやインターネットといった現代の流行に即したコンテンツが主役の「ネット婚活」。
ちょっと考えただけでもいくつものメリットが浮かび上がってきます。



活動する環境・時間を選ばない

スマホのようなモバイルツールは文字通りモバイル(移動通信)のための機器です。現代はよほど辺鄙な場所以外インターネット通信網が張り巡らされていますから、モバイルツールの使用には場所を選ばないと言っても良いでしょう。そしてインターネットは24時間365日稼働しています。ですからインターネット上にある「インターネット婚活サイト」・「出会い系サイト」あるいは「婚活アプリ」も、時間を問わず利用する事ができます。これは極めて大きなメリットでではないでしょうか。
仕事が忙しくても通勤時間や帰宅後の時間を活用して「ネット婚活」ができます。(ちなみに最近は「結婚相談所」においてもインターネットでの相手情報検索が可能になっています)ちょっとした時間さえあればいつでもどこでも効率的に「婚活」が行える。
これは「お見合い」「友人・知人の紹介」「お見合いパーティ」等で不可能です。
現代という時代にマッチした結婚の様態である大きな特徴でしょう。



費用が廉価・無料である

「ネット婚活」に使えるサービスはいずれも廉価で活用できます。最も費用が掛かるサービスでも月額3000円程度からの利用が可能です。これが「結婚相談所」だと初期費用だけで5~50万円、さらに会費が月10000円以上、お見合い1回が15000円・パーティ1回が15000円、加えて成功報酬として成婚料が10~100万円かかる場合があります。また「お見合いパーティ」も参加費だけで1万円以上、その上参加するために衣装代・ヘアサロン料金・交通費などが掛かりますからトータルの費用はバカになりません。もちろん「インターネット婚活サイト」であれ、「婚活アプリ」であっても実際にデートとなれば同様に衣装代などは発生しますが、ネット上に「婚活」・コミュニケーションするだけであれば非常に廉価もしくは無料なのです。
結婚すればさまざまな費用が発生してきます。従って「婚活」自体の投資はできるだけ抑えたい、そういうニーズは少なからずあるのではないでしょうか。言い回しは変ですが結婚のコストパフォーマンス(費用対効果)を考えるのであれば、絶対に「ネット婚活」であると言えます。



広範な対象にアピールできる

「インターネット婚活サイト」は廉価で活用できるため、「結婚相談所」より在籍会員数が多い傾向があります。「結婚相談所」最大手のオーネットで2016年現在会員数は41280人(男性22589人・女性18691人)。これに対し「インターネット婚活サイト」最大手の「エキサイト恋愛結婚」では、同じく2016年現在、会員数226,964人(男性106,730人・女性 120,234)。ただし「エキサイト恋愛結婚」の場合はこの全員が活動しえてはいないので単純に比較できませんが、会員数が多い事は間違いありません。
また最近伸長している「婚活アプリ」の場合は、100万人以上の利用者がいるものも出てきました。
「ネット婚活」に使えるサービスは、広範な異性にアピールする事が可能である。ここも大きなメリットではないでしょうか。



年収1000万円以上の男性との親和性が高い

インターネットを活用した婚活スタイルは、年収1000万円以上の男性のライフスタイルや思考形態・行動様式に、非常になじみます。現代ビジネスの現場はインターネットとは切っても切れません。彼らは毎日かならずパソコンやモバイルツールでインターネットの情報を活用しながら仕事にあたっているのです。したがって年収1000万円以上の男性は日ごろから人一倍、インターネットやパソコン等IT機器に親しんでいます。そして彼らは多忙激務です。一日の大半をビジネスと向き合うますし、世の中の急変に応じて即応しなければならないケースもあり気が抜けません。これが何を意味するかというと、「結婚相談所」・「お見合いパーティ」・「お見合い」といった、実際にサービスやイベント会場に出向く時間は、仕事熱心である年収1000万円以上の男性であればあるほど難しい。ところが一日ビジネスに拘束されて忙しく過ごすと言っても1分1秒の休みも無いわけではありません。休憩休息時間はあるし、危急の事態が無ければ自由な行動だって可能です。そういうプライベートに過ごせる時間であれば、手元のスマホでインターネットを覗く事は全く問題ありません。しかも彼らは人一倍インターネットに馴染んでいます。ですから多忙な年収1000万円以上の男性の婚活スタイルとしては「インターネット婚活サイト」や「お見合いアプリ」等の方がはるかに親和性が高いのです。



多くの年収1000万円以上の独身男性と知り合える

上記の通り広範な対象者にアピールできるのが「インターネット婚活サイト」や「婚活アプリ」です。
例えば「結婚相談所」の場合、サービス側から紹介される異性のデータは多くて数十人程度であり、しかもアプローチできる相手は一人である事が普通です。さらに年収1000万円以上の独身男性の会員と出会うとなれば一桁がせいぜい。これが実態なのです。ところが「インターネット婚活サイト」にしても「婚活アプリ」にしても、やろうと思えば同時に多くの年収1000万円以上の独身男性と知り合う事が可能です。インターネット上でのコミュニケーションに限るなら10人以上と知り合う事が可能でしょう。「ネット婚活」のサービスはバーチャルリアリティ(仮想現実)であるため、居住地や勤務地といった場所も限定しませんから、余計多数の年収1000万円以上の独身男性とコミュニケーションが可能になるわけです。もちろん真剣に交際を考える段階では絞り込む必要がありますが、多くの選択肢が持てる事は年収1000万円以上の独身男性との結婚を考える際に決して不利には働かないんじゃないでしょうか。前述の通りアメリカでは既に結婚するカップルの5組に1組がインターネットを介して出会っていますが、その離婚率は現実で知り合ったカップルよりも15%以上低い傾向にあるのです。インターネット上出会っても多くの異性と接触する事で自分に相応しい伴侶を選択できる事がその要因の一つだと考えられています。多くの異性と知り合う事は「ネット婚活」の大きなメリットであると断言します。



ダイレクトにスピーディーな交際が可能

何と言っても「インターネット婚活サイト」や「婚活アプリ」でのコミュニケーションは、基本的に会員はもともと結婚を視野に入れているため、相手の見極めさえつけば時間をおかずデートする事が可能です。それも自分のタイミングで調整できます。これが「結婚相談所」では、まずサービスを介して相手の意向や都合を聞いてもらわねばならず、相手が自分をどう考えているのかさえ「結婚相談所」の担当者を介さねば聴く事ができません。「お見合い」の都合も自分のタイミングではなくサービス側の都合が優先されるケースもあり隔靴掻痒の感が少なくないのが現状です。これは「お見合い」などにも共通しているでしょう。しかし「インターネット婚活サイト」や「婚活アプリ」はお互いの気持ちさえ一致できれば直ぐにでも出会う事ができます。さらに前述の通りモバイルツールを使うため機動性も高く、企図すれば翌日だってデートも不可能ではありません。事実私の「ネット婚活」に取り組んでいた年収1000万円以上の男性と結婚したお客さんの中には、お互いが関心を持ちあったためデートを即断し、次の日に出会ったケースが複数ありました。都合さえ付けば限りなくスピーディに出会い交際する事が可能である。これも大きなメリットだと言えます。



自己アピールの質や量で勝る

「結婚相談所」「お見合い」では一般的に「釣書」という、自分の履歴・趣味・嗜好・家庭環境などを記した身上書と自分の写真も添えます。特に問題なのは「釣書」。ここには年齢・容姿・容貌・学歴・職歴・家庭環境といったその人の外側を形作る属性しか表現されません。中には自分の伴侶に対する想いやアピールポイントを記載する場合もありますが、一般的ではありません。ところが「ネット婚活」においては、やろうと思えば極めて高いレベルの質と量で自己の内面をアピールする事が可能です。しかもその表現方法は文章だけではなく画像・写真・動画などを縦横無尽に活用でき可能性に際限がありません。これこそまさにバーチャルリアリティで「婚活」を行う醍醐味でしょう。
これは「結婚相談所」や「お見合い」では逆立ちしても不可能です。
このメリットも「婚活」には大きな影響を与えます。



とここまでいくつかのメリットを挙げてきました。年収1000万円以上の男性との結婚のための「ネット婚活」にはこれら以外にもいくつものメリットが存在しますがスペースの関係でここまでにしておきます。しかし「ネット婚活」の意義は十分お分かりいただけたのではないでしょうか。



年収1000万円以上の男性との「ネット婚活」のデメリット

次に「ネット婚活」のデメリットを検証してみましょう。メリットの豊富なインターネットやモバイルツールを使った「婚活」ですが、デメリットもあります。



インターネットを介した出会いは如何わしいイメージ

まず何よりインターネットでの出会い自体の認知度が低く、評判が良くない事が挙げられます。インターネットでの出会いというと不倫・売春・薬物売買・詐欺といったマイナスイメージが付きまとっており、容易に拭い去れません。これはインターネットやモバイルツールの問題ではなく、社会全般のモラルやコンプライアンス(法律遵守)の問題でもあります。日本はインターネット活用に関する厳しい法律がありません。それは自由を保障するものでもありますが、モラルを逸脱する温床にもなって簡単に反社会的行為に踏み込めてしまう状況が放置されています。従ってなかなか「ネット婚活」に踏み込めない人も多いのではないでしょうか。
現在の所2008年に「出会い系サイト規制法」が制定されましたが、効果を十分発揮しているとは言えません。サービス側と利用するユーザーの自主性・自発性に任されているのが実態です。スマホの普及などでインターネットが身近になった事も手伝い、ますますモラルが問われているのですが、個人情報の問題や金銭トラブルなどを考えると「ネット婚活」に踏み込めない人も少なくないはずです。しかし同時にスマホの普及は今まで以上にインターネットを身近にしました。「婚活アプリ」の母体であるSNS「Facebook」「LINE」などは全く抵抗なく受け入れられています。この傾向はさらに強まっていくでしょう。そうすればインターネットを介した男女の出会いに対する信頼も大きく改善されるのではないでしょうか。



セキュリティが気になる

「ネット婚活」で気になるのは個人情報の問題です。「インターネット婚活サイト」「婚活アプリ」では年齢・容姿・容貌・学歴・職歴・家庭環境といった個人情報を開示する事が要求されます。あるいはサービスへの支払いの際にクレジットカード番号を入力しなければなりません。
こうした個人情報がネット上に拡散され悪用されるのでは?という不安を持っている人は少なくないはずです。現在の所「インターネット婚活サイト」や「婚活アプリ」から個人情報が漏れたというトラブルはほとんどありませんが、カード番号がカード会社から流出したケースは数え切れないほどあります。そして詐欺など犯罪に流用されてしまったトラブルも確かにありました。また「Facebook」や「LINE」といったSNSでも、「インターネット婚活サイト」程ではありませんがやはり一定の個人情報が開示されますので同様の不安はぬぐいきれません。「インターネット婚活サイト」利用者の大半は国内の日本人に限られますが、「Facebook」「LINE」はユーザーが世界中に拡がっていますから、セキュリティに関しても不安は小さくないのです。2003年に制定された「個人情報保護法」がありますが、だからと言って安心できませんよね。理想の異性と出会うためにも、どこまで個人情報を開示するか?非常に悩ましい問題だと思います。



他人に話しづらい

上記二つのデメリットが関係しますが、年収1000万円以上の男性との結婚のための「ネット婚活」は他人に話しづらい、というデメリットも存在します。「インターネット上で年収1000万円以上の男性との結婚を模索している」なんて漏れれば、絶対に理解を示してもらえない。「お見合い」「友人・知人の紹介」は勿論、「結婚相談所」・「お見合いパーティ」など現実でのサービス利用でさえ、まず人にはなかなか言えません。それがインターネットを介したバーチャルリアリティでの、年収1000万円以上の男性との結婚のための「ネット婚活」となれば、一般的には受け入れられていないのが現状です。私のお客さんでインターネットで出会ったカップルでも、出会いのきっかけを「友人の紹介」「セミナーで知り合った」「出張の電車で席が隣だった」等とカモフラージュしているケースが少なくありません。反社会的な事をしているわけではないのに、周囲には話しづらい。従って相談に乗ってくれる人もおらず、一人孤独で「婚活」しなければならない。こういう状況で不倫や詐欺などのトラブルに巻き込まれるケースも皆無ではありません。しかし周囲に話していないためにトラブルが深刻になりやすく、一人で思い悩み泣き寝入りしなければならない結果になる可能性があるのです。
上記の現実社会における男女の出会い・交際であれば周囲の理解も得やすいが、バーチャルリアリティであるインターネットを介した出会いは、どうしても孤独になりがちである。
ここもお医者さんとの結婚のための「ネット婚活」のデメリットだと考えます。



どのサービスが良いかわかりにくい

「ネット婚活」で使えるサービスは個人レベルでみると無数にあると言っても構いません。「インターネット婚活サイト」だけでも50以上あるし、「婚活アプリ」の土台となり交際上の交換も行われるSNSも「Facebook」「LINE」「Google+(グーグルプラス)」「twitter」「Instagram」など主なものだけでも10程度あります。これらのサービス全てを使う事は物理的に不可能ですから、当然自分の使えるサービスを選ばなければなりません。しかしいったいどこで選別すればよいのか、皆目見当がつかないというのが一般的な認識ではないでしょうか。
「インターネット婚活サイト」も「婚活アプリ」も、利用料金が比較的低廉で会員制をとっており、プロフィール表示や検索システムが似通っているため差別化されていない事が大きく影響していると考えられます。下手なサービスを選べば個人情報保護の問題もあるし、何より理想のお医者さんに出会えなければ「ネット婚活」する意味がありません。お医者さんとの結婚のための「ネット婚活」する際に、これだけたくさんあるサービスのどこをみたら優良なサービスを識別できるのか?
これも「ネット婚活」が抱えるデメリットと言えるでしょう。



成功するためには秘訣がある!

ここまで「ネット婚活」のメリット・デメリットを見てきましたが、何かお気づきではないでしょうか。特にデメリットに注目してください。「ネット婚活」が抱えるデメリットは実は本質と関わりの無い部分でのマイナス要素なのです。「ネット婚活」の本質とは、インターネットを介して理想の伴侶と出会う事です。「インターネット婚活サイト」にしても「婚活アプリ」にしても、やろうと思えばいくらでも異性と知り合えます。その中には日常では出会えない異性が多いでしょう。スマホやパソコンを使って日頃は知り合えない相手とコミュニケーションし親密になる事は誰にでも可能です。上記のデメリットはそのプロセスに注意する事で容易に解決できる問題ばかり。インターネットでは異性と知り合えないとか、膨大な費用がかかるといった「婚活」そのものに関わるマイナス要素はほとんどないんですね。要は十分注意して利用すれば、どのサービスが自分に合っているか?とか、個人情報をどう開示していけば安全か?といった問題は十分解決できるのです。
また周囲への理解にしても、伝え方を工夫する事でいくらでも歓迎されるように状況を改善できます。何より大事なのはインターネットを介して理想の伴侶(しかも年収1000万円以上の独身男性)とどう出会うか?という命題であって、考えられるデメリットは解決可能な問題です。
ところが今現在、「ネット婚活」を行っている人達の99%がここまで挙げたメリット・デメリットに関して深く認識しないまま行動しています。何も考えないで「ネット婚活」するのは不用心極まりないし、成功の確率も高くなりません。せっかくこれほど恵まれた婚活手段があるのですから、安全・確実に理想の伴侶と出会いたいものです。
丸腰で何の準備もしないままでは行き当たりばったりでセキュリティ上も好ましくありません。何より成功するのに時間がかかってしまいます。
しかしいくつかの秘訣を理解して取り組めば、安全に理想の伴侶と出会えます!
しかもそれらの秘訣は初心者でも実践可能なのです!



既に200人以上の実績

私は結婚情報コンサルタントとして2005年から13年に渡って活動してきました。
2018年6月現在までで既に200人以上のお客さんが、私のサポートサービスを利用して「ネット婚活」を成功させてきました。全くのゼロからインターネット上でアピールを行い、冒頭のような年収1000万円以上の男性と結婚しました。これは私が医師という、大半が年収1000万円以の職業に従事する男性に特化した結婚情報サービスを運営していたためもありますが、日常的には知り合う事はまず絶望的に難しいと思われる年収1000万円以上の独身男性と、インターネット上のサービスでアピールする事によって知り合い・親密になり交際時に発展、結婚に至ったわけです。それらのお客さんには強烈なモチベーションがあった事は事実ですが、情熱や根性だけでは「ネット婚活」は成功できません。具体的にサービスを選択したりアピール表現を工夫し知り合うための可能性を上げる科学的・合理的・現実的な努力が欠かせないのです。と書くと難しそうですが、実際には難易度はそれほどではありません。初心者でも理解できるし実践できます。だからこそこれだけのお客さんが「ネット婚活」で年収1000万円以上の男性と結婚する事が可能でした。複雑で難易度が高ければ大勢の人が成功するなどあり得なかったでしょう。



「ネット婚活」成功の秘訣

ではいったいどうやって「ネット婚活」において、200人以上のお客さんが年収1000万円以上の男性のような理想の伴侶と出会えたのか?私は仕事として専門的に「ネット婚活」を成功させる工夫を研究開発してきました。結婚情報コンサルタントとして大勢のお客さんの相談に乗って問題解決を図るためには、「ネット婚活」成功のためのあらゆるテクニックを検証しなくてはならなかったのです。
例えば自己アピールの問題がありました。「ネット婚活」では相手が見えません。「インターネット婚活サイト」であろうとSNSであろうと最初は相手がどんな人物かわからない。
そこで自分をアピールする必要があるのですが、これが全くと言って良いほど実現されていません。何もしなければ年収1000万円以上の男性とはたとえネットであっても出会えません。その狭き門を突破するには自分を際立たせる必要があります。ライバルから自分を抜きん出てアピールする。これを私は差別化と呼んでいますが、この差別化がほぼ100%意識されていません。だからみんな同じ人物に見えてしまう。従って年齢・容姿・容貌・学歴・職歴・家庭環境といったその人の外側を形作る属性が重視されてしまうのです。



オリジナリティに満ちた自己表現

「ネット婚活」で差別化ができない理由ははっきりしています。日本人の特性です。
日本人は2000年間島国で暮らしてきた単一民族です。(わずかな例外を除いて)
環境にも大きな差はないし容姿も言語も同一で民族意識・同朋意識が強いため、自分を際立たせなくても周囲が理解してくれる。何も言わなくても、なんとなくお互い分かり合える。「目は口ほどモノを言い」「腹芸」といった諺があるほど、初対面であっても違和感なく理解しあえる。それが日本人の長所でもあるのですが、残念ながら「ネット婚活」では通用しないのです。インターネットというバーチャルリアリティでは、相手がどこの誰べえだか全くわかりません。そこでは自分を具体的に表現しないと、相手はあなたの輪郭すらわからないのです。ところが自分を具体的に表現するというのは、インターネット出なくても勇気が入ります。日本人は普段、初対面の相手に詳しく自己紹介する事がほとんどありません。それをしなくても相手は何となくわかってくれるのが日本人だから。しかし「ネット婚活」ではそれでは成功できないのです。インターネットの向こう側にいる相手が理解して関心を示してくれ無い限り成功はないのですから。



体系的・総合的な「ネット婚活」対策

そこで私は多くのお客さんの成功経験に基づき、「ネット婚活」を成功に導くための体系的・総合的な対策を研究開発しました。上記で問題となっている自己アピールの効力を最大限発揮させるテクニックや自分を際立たせる差別化のための工夫、あるいは相手を惹き付け主導権を握って交際時に持ち込むアプローチ手法やコミュニケーションテクニックといった「ネット婚活」を成功させるには不可欠な技術情報を構築してきました。
無論どういったサービスがどんな人に適しているか等、ベーシックなテーマも追及し一定のレベルに達しました。何しろ私のお客さんのメインターゲットはアプローチの難易度が極めて高いお医者さんです。生半可な技術では成功はおぼつきません。相手の顔が見えないインターネット上で理想のお医者さんを惹き付け関心を持ってもらうためにはどうしたらよいか?これを徹底的に追求したのです。その結果600人以上のお客さんが自分の夢を叶える事が出来、同時に200人以上が年収1000万円以上の男性と結婚できたのです。今回、その実績に裏付けられた「ネット婚活」成功のための技術情報を皆さんにお伝えする事にしました。インターネット上でも成功の難易度が極めて高い年収1000万円以上の男性との結婚を、全くのゼロからから多数成功させてきた多彩なテクニックです。前述の「ネット婚活」が抱えるデメリットもカバーでき、メリットをとことん拡大させる工夫を豊富に取り込んでいます。端にサービスの使い方だけではなく、インターネットやモバイルツールの活用方法・セキュリティの対策まで徹底的にこだわりました。(そうでないと「ネット婚活」は成功できませんから)この情報を使えば「ネット婚活」の成功率を飛躍的に高められると自負しています。



恵まれた環境を生かしてさらに幸福に

手軽で安価にそして速やかに年収1000万円以上の男性との結婚が可能なのが「ネット婚活」です。モバイルツールを使えば居ながらにしていくらでも可能性を広げられます!皆さんの大半はインターネットでショッピングされた経験がおありのはず。「ネット婚活」はまさにインターネットショッピングの延長のようなものです。誰でも手軽にチャレンジでき、日常では絶対に手に入らないような商品でもタップ一つクリック一つで手に入れる事が出来る!結婚はショッピングとは違いますが、インターネットを介して人生の中で新しい出会いを作る本質は似通っています。皆さんの周囲にも日々インターネットやモバイルツールが浸透しており、日常生活の利便性を高めてくれているでしょう。しかしITの持つポテンシャル(潜在能力・潜在容量)はこんなものじゃない!人生丸ごと幸福の絶頂へ押し上げる事も十分可能なのです。
私はこれまで13年間結婚情報コンサルタントとして、「ネット婚活」で年収1000万円以上の男性との結婚を成功させた200人以上のお客さんをサポートてきました。今回そこで培った「ネット婚活」成功のための情報を皆さんに本書「年収1000万円以上の男性と結婚するためのネット婚活上級編」として伝授します。
現代は大きな可能性に恵まれた時代です!やればやるだけ可能性が大きくなるのが今!ぜひ皆さんも一歩を踏み出してみませんか?!


ネットを介した年収1000万円以上の男性との結婚はイージー(簡単)・リーズナブル(安価)・スピーディ(速やかに)可能性が広げられます!後は皆さんの努力次第でいくらでも展望が開けますよ!



年収1000万円以上の男性との結婚を成就させたい人には必需品!
「ネット婚活」が手に取るようにわかります!
今こそすべてのリソースを幸福な人生のために活用しましょう!




【電子ファイル版PDF90ページ】
【冊子版A4版90ページ】



冊子版は別途梱包送料1500円がかかります。(全国同一料金)
代金引換手数料は無料です。



最後に

まずは、ここまでお読みいただきましたこと、
心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
私は「お医者さんと結婚する」というテーマの下、
13年間にわたりありとあらゆる努力をしてまいりました。
様々なマニュアルを作成し、色々な角度からアプローチしてきました。
ご紹介してきた通りその活動の副産物として、年収1000万円以上の男性と出会い交際し結婚に至ったお客さんも200人以上誕生しました。
2018年現在、ITは社会の隅々まで浸透し、さらに今後ますます発展していくでしょう。
インターネットやスマホ、パソコンなどITをフルに活用すれば、以前は不可能だった年収1000万円以上の男性との結婚も夢ではない!それが今なのです。
年収1000万円以上の男性と結婚された皆さんは、自分の夢を叶えて幸福そうです。
「包容力」「責任感」「優しさ」「社会的地位」「収入」といった結婚相手に求められる要素を年収1000万円以上の男性が数多く網羅しているからこそ、奥さんとなられた方は幸福感をもたれるのです。
だからこそ、あなたも年収1000万円以上の男性との結婚を望まれているのではないでしょうか。
今度年収1000万円以上の男性と結婚し、幸せをつかまれるのはあなたかもしれません。
IT時代の現在、年収1000万円以上の男性との結婚をゼロから目指せるのが、インターネット上のサービスを利用する手法です。ぜひ、あなたも実践して幸福な人生を実現してみませんか?
本情報が、その一助となれば幸いです。
ここまでお付き合いいただき、本当にありがとうございました。

 





お申込み前にご覧ください

冊子版は別途梱包送料1,500円(全国同一料金)が必要です。
◇お支払いは銀行振り込み・代金引換となります。
◇ご利用できる金融機関は、ゆうちょ銀行・セブン銀行・楽天銀行・福岡銀行です。
◇大変申し訳ありませんが振込手数料は、購入者様がご負担下さい。
◇代金引換の場合ご注文から5営業日以内に商品を発送いたします。
◇お届け先はご自宅以外に、郵便局留め置きが可能です。
◇商品のお届けは、日にち・時間の指定が可能です。
◇日にち指定は注文日翌日以降 7日以降から 20日間の指定が可能です。お申込み手続きはショッピングカートからお願いいたします。
◇時間指定は「午前中・12時頃~14時頃・ 14時頃~16時頃 ・16時頃~18時頃 ・18時頃~20時頃 ・20時頃~21時頃 」となります。
◇商品は外からは中身が判らないようエアキャップ入り封筒(A4サイズ)で梱包して発送いたします。
◇「集中講座」等の特典はお使いになれませんのでご了承ください。

また商品・サービスにご不明の点があれば、いつでも遠慮なくお尋ねくださいませ。
メールアドレス:celebmakers※gmail.com
※を@に変えて送信ください。